Profile

Shigetoshi Gohara

郷原 繁利 ごうはら しげとし

サックスプレーヤー・コンポーザー

1980年 広島生まれ

6歳より電子オルガンを、12歳よりサックスを始める。東京大学入学を機に上京、建築および建築音響を学びつつ、平行して演奏活動を本格化する。

以来、渋谷JZBrat、吉祥寺Star Pine’s Cafeなど、関東のジャズクラブやライブハウスを中心に演奏活動中。

2005年には南アフリカを代表するベーシストVictor Masondo氏、ピアニストのThenba Mkhize氏に才能を認められ共演。2013年に、加藤登紀子氏の「ほろ酔いコンサート」にゲスト出演。2014年に同氏のBunkamuraオーチャードホール公演にレギュラー出演。

その他共演者としては、佐藤タイジ、告井延隆、小松崎純、桑山哲也の各氏など。ラジオ番組も出演多数。2017年にはAKB48 アルバム「サムネイル」の楽曲「誕生日TANGO」にて演奏。
近年では保育園での演奏、園歌の作詞作曲、TVアニメの劇伴演奏など、活動の幅を広げている。

自身の主催するバンド「Deep River」にて、アルバム「苔色の地平線」(2006年)「空色のダイヤモンド」(2010年)をリリース。また、ピアニスト竹内大輔とのデュオ「Bridge」にて、アルバム「Fly Beyond」(2014年)をリリース

ジャズの素養から生まれる即興性と、どこか日本的かつ親しみやすい音楽性が同居した音世界は幅広い年齢層から支持され、TV番組等でも使用されている。